【メール添付警告】パスワード付きZIPファイルの代替え方法



この記事では、パスワード付きZIPファイルの代替え方法について、説明しています。

きっかけは最近、Gmailで受け取って警告が出たこと。

近年は、オンラインストレージサービスのリンク共有ばかりなので、ちょっと新鮮。


パスワード付きZIPファイルとは

パスワードを付けたZIPファイルのこと。

ZIPファイルとは、大容量ファイルや複数ファイルを1つに圧縮したファイル

メール暗号化が標準でなかった頃、パスワード付きZIPファイルは、

1. メール添付で送り

2. 別送メールでパスワードを知らせる

方法が、セキュリティキュリティ対策としてはやりました。


内閣府および内閣官房では廃止

もはや過去形です。

2020年11月、デジタル改革担当相は、内閣府および内閣官房で廃止する方針を発表。

安全どころか危険と話題になりました。

参考:パスワード付きzipファイルはセキュリティ対策にならない?今すぐ利用をやめるべき理由と代替手段|NTT東日本


Gmailでは警告が出る

パスワード付きZIPファイルを受け取る側が、Gmailを利用している場合。

「暗号化された添付ファイルに関する警告」が表示されます。



ファイルの中を見るまで、
1. 信頼OK
2. ダウンロード
3. 解凍
4. パスワード入力
の手数が要ります。

ファイルの中を見るまで、敷居がとても高い‥。

Gmailでなくても、ダウンロードからパスワード入力まで、手数が要ります。

メール暗号化が標準のいまどき、この手数はどうでしょう。


代替え: オンラインストレージサービスを利用する

オンラインストレージサービスとは、インターネット上でファイル保管・共有するサービスのこと。

無料・有償、いろいろあります。



Googleドライブを利用する方法も


ヒント: ファイルが安全であると確信できる場合は、ファイルを Google ドライブにアップロードしてからドライブの添付ファイルとして送信するよう、送信者に依頼してください。


手順はどちらも
1. オンラインストレージサービスにファイルをアップロード
2. アップロードしたURLをメールで送る

多くのサービスでは、1 でパスワードを付けられて、2 でメールを自動送信できます。