【サーバーダウン?】特定のWebページだけ表示されない原因と対処


 

特定のWebページだけ表示されない

他のWebページは見られる、Youtubeも見られる、なら。

問題は特定のWebページにある可能性が高いです。

特定のWebページのサーバーはダウンしていないか?

知るには「Down For Everyone Or Just Me」にアクセス。

ボックス「google.com」内に、表示されないWebサイトのドメインを入力。

例)https://example.com が表示されないなら「example.com」を入力。

ボタン「Or just me?」をクリック。

It's not just you!~入力したドメイン名~ is down.」が表示されれば、そのサーバーはダウンしています。

ダウンしているなら回復を待つ

サーバーがダウンしていることがわかった場合、そのWebページやサーバーの関係者でないなら、回復を待つ

自分の環境に問題ないのがわかったので、安心できます。

サーバーがダウンしている原因は?

関係者なので、ダウンしている原因を知りたい場合。

知るには「HTTPステータスコードチェッカー」にアクセス。

「URLを入力(1行に1URL)」のボックスに、表示されないWebページのURLを入力。

「解析」ボタンをクリック。

結果については、下表「主なステータスコードの意味」を見ると、おおまかに知ることができます。

「ステータスコード」が「-」でも「URL」に状態が表示されるため。

クチコミでサーバーのダウン状況を知るには

大手ドメインなら、「ダウンディテクター」が早く知りやすい。

2019年にAWSがダウンした時、ここが一番早かった。

twitterアカウントもあり、twitter検索でダウン状況を探す方法もあります。

サーバーがダウンしていないなら

問題があるのは利用プロバイダか、自分の環境か、ソフトかハードか。

検索すると、対処法はたくさんヒットしますので、探してみてください。

ここでは、特定のWebページだけ表示されない場合について、記しました。

参考
アクセスできないのは自分だけ? サーバの死活状況を確認できるサービス5選 | マイナビニュース